首都直下地震に備えるための防災アプリ

関東地域では、首都直下地震の危険性が指摘されています。
このページでは科学研究費助成事業24240103「学習者の状況および知識構造に対応したシナリオ型防災教育教材の開発」(プロジェクト期間:2012年~2015年3月31日)によって開発された、首都直下地震の教材を紹介します。

防災アプリ「あなたのまちと首都直下地震」では、首都直下地震が起きた場合のあなたの町の危険性をチェックし、最寄りの避難所などを検索することができます。地震が起こる場所を13パターンから選択することもできるので、地震ごとにどのような被害が出そうかをシミュレーションし、正しく理解した上で地震への備えについて考えてみましょう。

防災マップ

防災シナリオアプリ「首都直下地震72時間」では発生時間や発生場所を自由に選んだ上で、首都直下地震が起きてから72時間の世界をあなたの目線で体験することができます。かはあなた次第です。あなただけの72時間をシミュレーションし地震への備えについて 夜に首都直下地震が発生したらどうなるか、自宅に帰ろうとした時にどんなことが起きるのか。どこに行き、何をする考えてみましょう。

首都直下地震72時間 トップページ画像

開発メンバーについて

●研究・開発メンバー

  • 池尻良平(東京大学大学院情報学環・特任助教)
  • 吉川肇子(慶應義塾大学商学部・教授)
  • 小林秀行(東京大学大学院 学際情報学府・博士課程)
  • 鈴木克明(熊本大学大学院・教授)
  • 藤本徹(東京大学大学総合教育研究センター・助教)
  • 大原美保(独立行政法人土木研究所、政策研究大学院大学・連携准教授)
  • 黄欣悦(東京大学大学院 学際情報学府・博士課程)
  • 地引泰人(東北大学 災害科学国際研究所・助教)
  • 田中淳(東京大学大学院情報学環・教授)
  • 山内祐平(東京大学大学院情報学環・教授)

●WEBアプリケーション開発

  • 株式会社スパイスワークス(WEBアプリケーション制作)
  • グローバル・テクノロジー・デザイン株式会社(背景デザイン)
  • 狛蜜ザキ(イラストレーター)

©東京大学